人生を楽しく生きる方法 6選【脱・社畜】

ブログ

せっかく生まれてきたのに人生を楽しまないなんて損ですよね。
好きな仕事をしている人や、今の仕事に誇りを持っている人ならそのままでいいんですが、生きるために仕方なく仕事をしている人が割と多いと思います。

どんな天才でも凡人でも時間は平等

考えると悲しいのですが「企業に搾取されながら生きている」感が否めないんですよね。
お金は0になろうが借金しようが死ぬ物狂いで生きればどうとでもなっても「時間」だけは二度と戻らない。その大切な時間を企業に安いお金で買われているのです。

私はそれがどうしても嫌なので、基本自分にメリットがある仕事しか選びません。
今嫌な仕事をしている人にもお金以外にどんなメリットがあるのかしっかり考えて欲しいのです。

これからの人生に必要な経験やスキルが手に入るなら十分メリットがあるでしょう。

給料をもらえること以外なんのメリットもないかも・・・と思った方は
のらりくらりと生きてきた中で気づいたいくつかの人生を楽しく生きられる方法を紹介したいと思います。

楽しみながらできる仕事

バイト(派遣含む)いわゆる非正規雇用

イージー度:★★★★★
オススメ度:★☆☆☆☆

メリット

社員ほどの責任がない。ゆるい。すぐに仕事が見つかる。簡単に休める(ほんとはダメ)

デメリット

出世やボーナスがない。同僚が結構意識低い系。バイトリーダーになると責任感も求められてくる(待遇はバイトのまま)

個人的見解:未経験OK・大量募集が多く働くハードルが最も低いのでフルタイムで働けばとりあえず月14万ぐらいはもらえる。
自分の興味のある仕事に応募したらその時は楽しいが、時間の切り売り感は否めないのでオススメ度は低いです。「辞めたら何も残らなかった」という後悔をしないように、この仕事をするとどんな経験になるのか・どんなスキルが身につくのかしっかり考えて選びましょう。

そして、誰でもできるような仕事・いつでも募集してる系の仕事は同僚バイトの質が低いことが多いです。(もちろん全員ではありません)
そっちの人たちの世界に引っ張られないように気を引き締めてください。無駄な遊びや飲み会の誘いが多いのも要注意。

「やりたい仕事・興味ある仕事の体験版」といった感覚がいいと思います。

リゾートバイト

イージー度:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆

メリット

家賃や光熱費が激安 or 無料だからお金がたまる。
施設によっては遊びや温泉など無料。
頑張れば給料の90%は貯金できる。10%は生活消耗品や食材・趣向品など。

デメリット

周りからは遊んでるとしか思われない。期間限定。給料安め。
まとまった期間行く必要があるので学生の長期休暇か無職しか無理。
ど田舎に缶詰にされるので都会ロスになる。勤務時間がえぐいところも。

個人的見解:リゾート好きには一択のバイト。行く場所によりけりだけど、3ヶ月以上などまとまった期間行けば交通費支給、宿泊費無料か高くても月1万円ぐらい、その施設の利用料無料。たいてい不便など田舎にあるのでお金を使う場所もないので給料のほとんどを貯金に回せる。

遊びたいかつお金を貯めたい人、実家を出たいけど一人暮らしする初期費用がない人向け。
温泉からスキー場、リゾートホテルまで色々あるので派遣に登録して色々紹介してもらうのもオススメ。

その際は条件や勤務地についてしっかりと派遣に確認しておくこと。
長くなるのでリゾートバイトについては別記事で。

www.wataridori.world

派遣会社によって紹介してくれる勤務地も様々なので複数登録して条件に合うところを探すのがオススメ

大手の派遣会社いくつか貼っておきます。

リゾバ.com

リゾートバイトならアルファリゾート!

ワーホリ

イージー度:★★★☆☆
オススメ度:★★★★★

f:id:DQxCeles:20200206160915j:plain

メリット

自分の視野が一気に広がる。語学力とお金がたまる。多国籍な友達が増える。
旅行しながら稼げる。

デメリット

年齢制限がある。渡航費用と1週間分の生活費の初期費用が必要(10万〜)
海外長期滞在への不安がある。

個人的見解:一度海外で生活してみるのは非常にオススメ。(旅行ではない)

年齢制限がなければ私は全部のワーホリ提携国を周りたかったです。
人種も文化も言葉も何もかもが違うので、圧倒的に環境から受ける刺激は一番大きい。

やはり1〜2週間だけの仕事せずにただ遊ぶだけの旅行と半年〜1年住むのは全くの別物でより深く現地の生活体験ができ、様々な文化の人と友達になる事で考え方の幅が広がる。

留学とは違い、働く事が前提で自分で家を借りたり仕事を見つけたり買い物も料理もするので生活力も上がる。難しそうに感じるかもしれないけど、意外と簡単。
日本人は諸外国からのイメージがいいので、仕事も見つけやすい。
しかしやっぱり英語があるとないとでは就ける仕事に圧倒的に差がある。

オーストラリアのような広大な土地だと同じ都市に居続ける人もいれば、3ヶ月ぐらいで転々と各地を旅しながら稼いでいる人も多い。

日本で留学エージェントに話を聞きにいくと、サポートで100万〜ぐらい請求されるけど、正直必要ないです。
無料エージェントを使いましょう。
一人で初めての長期海外滞在に不安を持っている方は「1年で100万ぐらいかかって当然かな」と思いがちですが、それはワーホリではなく語学留学の学校に支払う金額であってサポートにかけるべき費用はなくていいです。

私はエージェントに「100万」と言われて100万たまったら行こう・・・と思ってかなりの時間ロスしました。
行きたい人は1ヶ月ぐらいバイトしてさっさと行った方がいいです。

ワーホリに関しても長くなるのでまた別記事で。

英語力だけは日本にいるうちから身につけておきましょう。現地での時間の有効活用が段違いで変わります。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

vipabcの無料体験レッスン

オーストラリア留学エージェントYAC Agency

ここまでは楽しみながらできる仕事。しかし、実践的なスキルが身につくことはあまり期待できない仕事でした。
なので、仕事以外の時間でプログラミング言語など将来性のあるスキルをコツコツ勉強することをオススメします。プラス人間力も成長させてください(最重要)。

ここからは、大変になりますがスキルが身につく仕事を紹介します。

スキルが身につく仕事

スキルは人生を豊にするための自分自身の資産です。
一朝一夕ではなかなか身につくものではないので、日々コツコツと勉強して自分の価値を高めていきましょう。
そして、いちばん手っ取り早くスキルを身に付けるためには「実務経験」を積むことに他なりません。

web系の手に職

メリット

リモートワークが可能。スキルが蓄積される。

デメリット

実務経験がないと仕事するのが難しい

イージー度:★★★☆☆
オススメ度:★★★★★

f:id:DQxCeles:20200206162441j:plain

個人的見解:HTML、CSS、Java Scriptの知識を最低限身に着ける必要があり、さらにそれプラスのスキルも必要。
例えばSEOやマーケティングやデザイン、さらに上のプログラミング言語など・・・将来AIにとって変わる可能性も考慮してスキルは磨き続ける必要あり。
そしてそれ以上にハードルが高いのが、安定して仕事を続けること。

実務経験2年以上ないと仕事を受注するのも困難で、まずは未経験OKの会社でバイトでも派遣でも社員でも働いて経験を積んだ方がいい。
その1〜2年は社畜で大変かもしれないが、のちにフリーランスや起業を目指すなら試練と思って耐える事も必要。

ただし、精神を病むぐらいの超ブラックなら即刻やめて他の会社で働きましょう。
「この会社しかない」はまずあり得ないので。
社畜にならない為には、自分が企業・仕事を選べる人材になれるよう日々スキルを磨くことを怠らないようにしましょう。

まずは入り口に立つ為に最低限のスキルをネット独学などで身につけよう

クリエイターの人材派遣【マスメディアン】

未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

Webデザインコース

自分の商品を作る

メリット

唯一無二の資産になる。自分自身が商品(価値)になる。青天井で稼ぐ事も可能。

デメリット

売れるようになるまでの試行錯誤が超大変。結果がすぐに出ない

イージー度:★★★☆☆
オススメ度:★★★★★

f:id:DQxCeles:20200206162205j:plain

個人的見解:本気でやれば誰でもできる事なのに8割方脱落してしまう。
最終的にはここを目指して脱社畜をしてもらいたいほどのオススメ度。

しかし認知をしてもらうまで稼げないので、オリジナル商品を作るだけでなく広めるスキルも必要。そのために自己ブランディングや営業、SNSでの発信などクリエイティブ以外の作業も必要で、さらに結果がすぐには出ない事がほとんど。

無収入でも続ける根性とどうすれば売れるようになるのか日々の研究とある程度の生活費の貯金が必要。そしてもちろん人間力が物を言う世界。

YouTuberやブロガーなどもこのあたり

副業でするなら、仕事以外の時間はその作業に当てる覚悟で。
飲み会・ゲーム・エンタメ全部捨てられますか?
副業でガチ稼ぐというのは思っているより大変です。5万円程度ならそこまでストイックじゃなくても稼げるとは思いますが、5万円でも稼げるようになるまで結構大変ですよ。
ある程度副業で稼ぐスキルを身につけた人は会社をやめていくのが多いのが現実です。

エンタメ削ってまで稼いで何にお金使うんだって話ですよね。
将来の為という人がほとんどだと思いますが、今の若いうちの時間も大切だと私は思いますが。

明日も生きている保証はないので。

話はそれましたが、個人で稼ぐにはとにかくコツコツ続けよう。

起業する

メリット

自分の商品を作るの上位互換

やりたいことが明確な人は突き進め

デメリット

その分挫折もする。

イージー度:★★☆☆☆
オススメ度:★★★★★

f:id:DQxCeles:20200206162034j:plain

個人的見解:個人の商品と似た部分もあるけれど、個人で稼ぐ事ができたら起業がオススメ。
そして大きく稼いでいくには信頼できるビジネスパートナーも必要になってきて個人ではなく組織として動いていく。
ビジネスの相手も対個人ではなく、対企業である事が増える。

社会的信用・税金対策のメリットもあり

扱う金額も大きく煩雑になってくるので経理作業も必要。
ここまでくると仕事が楽しくもあり、大変でもある。24時間365日仕事のことを考え続けている領域。社畜中の社畜。脱社畜とは矛盾しているけど、自分でやっているか人にやらされているのかが大きな違い。

失うものが多ければ得るものも多い

逆に何も失う覚悟がない人は何も得られない。

個人商品より一層人脈やマネジメント能力が求められてくる。

まとめ

以上、社畜から抜け出して人生を楽しく生きる方法をイージーなものからハードなものまで紹介してみました。

全ての働き方にはメリット・デメリットがあります。
バイトにはバイトの苦悩、社員には社員の苦悩、起業したらしたで苦労。

今までも社員より昨日入ってきたバイトの方が給料多いことなんて多々ありましたからね。そのくせバイトより早くきて残業して何かあれば上司に怒られるのは自分。
やってらんないですよね。優越感にひたれるのはボーナスの時だけ。

しかも今後は同一賃金同一労働になりどんどん働き方は変わっていきます。
常に時代の動きを吸収し、自分にあった働き方を常に考えていってください。

そしてとにかく時間を無駄にするな!
手に職をつけろ!

今はわからなくても「点」と「点」が「線」で繋がる日が必ずくる。
ただし、ちゃんと考えて行動していたら の話。

社畜が嫌な人はまず自分でプチ起業をやってみて、一度経営者目線に立ってみるのも成長に繋がるのでオススメです。

まずは自分の成長に繋がることはなんでもやってみる。
惰性で脳死でダラダラ「月曜日が嫌だ〜」なんて生活を少しでも変える。
月曜日や連休明けが嫌にならない為にはどうしたらいいか考える。

私は、そのためにはスキルを磨き毎日5分でも何か勉強してみることをオススメします。

何せ英語スキルだけは身につけていて絶対損はないので、何を勉強したらいいかわからない人は英語を勉強しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました